office primer novel
Amazon echo Plus(第1世代)を聴いてみる オーディオ

Amazon echo Plus(第1世代)を聴いてみる

グーグルホームがとても良いのでアマゾンエコーも比較で購入してみました。まずはエコープラスの第一世代です。 アシスタント機能などは柔らかい声ではなくややきついお姉さん系なのでしかもグーグルホームに比べて極度のバカなので嫌な人は多分多いかなとは思いましたし耳がかなり遠いおばあちゃんなのでスマートホームな…
ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー

                           著:小松 郁 6.綱渡り  それは突然のことだった。一カ所を中心として作業ロボットが通信途絶やエラー情報を盛んに送信してくるのだ。何よりパイプラインからの水の供給がストップしてしまった。  これは各種観測衛星などの地表データを受け取る度に地震とい…
真空管DAC『DAC-01A』を聴いてみる オーディオ

真空管DAC『DAC-01A』を聴いてみる

これは真空管のDAコンバーターってどんなものかなと思って中古で購入してみました。 中古の真空管系の物の良いところは前所有者の方とかが音が良くなる様に真空管買えていたりオペアンプとかっていう部品を変えていたりする事です。 これも改造が加わった物で真空管というと反応もトロくてダイナミックレンジも狭くって…
ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー

    著:小松 郁 3.知能の子 衛星軌道上に浮かぶ重力波地表探査機は火星地表深度1キロメートルまでの資源を地図を完成させていた。  ご主人からの指令でこの地図を元にロボット生産、採掘計画を立てていく予定だ。 これはR039との共有計画としてディープラーニングのフラグが立ちまた地球の資源などの困窮…
Google Homeを聴いてみる オーディオ

Google Homeを聴いてみる

スマートスピーカーのジャンルはユーザ獲得のためにコスト度外視で作られているだろうという事でまずはGoogle Homeで音楽を聴いてみました。 こちらはBluetooth接続すればパソコンやスマホのスピーカーとして使えてパソコンやスマホより音は断然良いのでお気軽なパソコンやスマホのグレードアップツー…
ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー

                             著:小松 郁 2.火星の夢  僕は眠りに入り夢にうなされていた。 僕は数万体のロボットを火星全域に展開させ僕は必死で火星を制圧しようとフル稼働しているのだ。開拓村には発電設備、ロボット製造工場、居住区、宇宙エレベータ、護衛ロボット集団が設置さ…
手作り映画(動画)を作ろう コラム・エッセイ

手作り映画(動画)を作ろう

今の時代には高画質のカメラが安価に手に入りPCなどを使って動画編集する事でオリジナルの映画を世に送り出すことが出来ます。 いわゆるインディーズ映画ですが、そのジャンルはドキュメンタリーものからストーリーものまで多岐にわたり誰でも映画が作れる時代になっています。 また作風としても実写からアニメまで手法…
17年前のミニステレオ『KENWOOD RXD-SL3MD』を聴いてみる オーディオ

17年前のミニステレオ『KENWOOD RXD-SL3MD』を聴いてみる

このステレオは鏡面の表面パネルが美しくCD、MD、カセットまでカバーする商品です。 ここではCDを中心にMDも含めて聴いた感じを書いていきたいと思います。 まずKENWOODというと低音が有名ですがこちらの低音はボンボン鳴るというよりすごくタイトにしまった感じでメリハリを効かせて低音が鳴るのが特徴的…
ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー

                           著:小松 郁 1.赤の地平  西暦2218年、この時代に生きる事を僕は記憶に留めておけるだろうか? 舞台は荒涼たる一面の赤い土。なんでこんな所に僕はいるんだろう?僕ら達のは母星は夜空にごく小さな点で僅かな水色を放って輝く星。 あそこに見える地球と…
ネット環境におけるゴミ情報処理の最適化の重要性 コラム・エッセイ

ネット環境におけるゴミ情報処理の最適化の重要性

ネットにおいてはメール、SNS等々にてゴミ情報が氾濫している。人間はゴミを掃き出し投げ散らかすのが習性だからこれはしょうが無いとしてこのゴミ処理に関わるコストも馬鹿にならない。 このゴミによって自分の大切な時間が忙殺されてしまう。 断捨離するなら寺にでも入るのが一番だがこの紙ゴミよりやっかいな情報ゴ…
Spotifyをラジオ感覚でBGMとしていつでも聴いてみる 音楽・動画

Spotifyをラジオ感覚でBGMとしていつでも聴いてみる

音楽再生には日本国内ではYouTubeやニコニコ動画、各ラジオ放送など色々な方法で聞かれていると思いますが今回はSpotifyを取り上げたいと思います。 まずSpotifyの良いところは自分の好きなジャンルで音楽が最新のものなどでちゃんと配信曲として登録されている音源ですので高音質で音楽データだけの…
DACヘッドフォンアンプ『RAL-24192HA1』を聴いてみる オーディオ

DACヘッドフォンアンプ『RAL-24192HA1』を聴いてみる

こちらはヘッドフォンで良い音で聴くために購入した商品です。 24ビット/192KHzでの音質出力を備えておりパソコンとの接続ではUSBを接続するだけでそのまま24ビット/192KHzで音が出力される様になります。 まあ音源がCD音質等の16ビット/44.1KHzなどではアップコンバートされるかは不明…
15年前のSACDプレーヤー『pioneer PD-D6』 を聴いてみる オーディオ

15年前のSACDプレーヤー『pioneer PD-D6』 を聴いてみる

このCDデッキは2006年に発売されたものでSACDもサポートしておりレガートリンクコンバージョンPROという24ビット192KHzで左右各チャンネルをバーブラウン製のDACをツインで搭載していてCDのアップコンバート再生もできて電源周りなどにこだわった商品です。 私が購入したのはすごく安かったので…
ルーターを大容量のNAS(Network Attached Storage=ネットワークHDD)として使ってみる IT

ルーターを大容量のNAS(Network Attached Storage=ネットワークHDD)として使ってみる

皆さんの中には日々ストレージ(ハードディスクやSSD)の容量不足に悩まされている方は多いかとは思います。 そこで今回は家庭内の環境ならどのパソコン(最近のものはスマホにも対応している可能性あり)からでも簡単に大容量の2TBから16TB程度までのネットワークHDDを増設する方法をご紹介します。 もちろ…
20年前のコンパクトステレオシステムSONY『CMT-C5』を試しに買って聴いてみる オーディオ

20年前のコンパクトステレオシステムSONY『CMT-C5』を試しに買って聴いてみる

このステレオは今まで使ってきたコンパクトオーディオのピックアップが故障してしまったため購入したのだが、安くて青色LEDがスピーカーなどから点灯しスピーカー形状も独特で長らくSONYのステレオも聞いていなかったのでどんな音を鳴らすのか?といった具合で非常に楽しんで聞いてみた。 MDは今はほぼ所持してお…
Pioneer TD-T07HS Limitedの沼 オーディオ

Pioneer TD-T07HS Limitedの沼

TD-T07HS Limitedはパイオニアから1996年に発売されてオーディオファンの間で広く周知された商品でした。 今でも盛んに中古市場などで売買が行われ10万円以下で買うのは非常に難しい商品の一つです。 この商品の特徴としてピックアップが上部に装着することにより下の超重量級の安定したターンテー…
僕たちの時を求めて小説パート3 僕たちの時を求めて

僕たちの時を求めて小説パート3

                             小松 郁 ふと目を覚ますと君がいない。僕が君を見失うことなんて無いと思っていた。 僕の過信だ。僕は必死でそこら中を見回した。 でも彼女は見当たらない。 その時かすかに彼女の旋律が聞こえた。彼女も寂しげに旋律を奏でているようだ。 僕は急いでその…
原子力発電への安全投資を十分に行なっていくべきか? コラム・エッセイ

原子力発電への安全投資を十分に行なっていくべきか?

地球温暖化に際して経済拡大を成し遂げながらある意味決定的な解決策としての機能を備えているのは現状は原子力発電が一番親和性が高い。 この原子力を危険だと言って社会的に排斥して投資を滞らせる事は原子力発電の安全リスクをますます高めていく結果にはなる。 ここで人々がどれだけ電力に頼った生活を送っているかを…
僕たちの時を求めて詩編3 僕たちの時を求めて

僕たちの時を求めて詩編3

愛に従え。愛に従えば力が得られる。 それはそなた達を導く手助けとなるのだ。しかし我は未だに力が足りぬ。それは情けないことだ。 その方は苦しんでいるようだった。まるでたった1人で生きているようだった。 僕たちはさえずる。愛はここにありますとも。 その方は僕らを見て少しほっとしたようだった。 我は力をコ…
SNSと繊細チンピラ症候群 コラム・エッセイ

SNSと繊細チンピラ症候群

SNSなどで何らかの出来事が発生した時に大げさに騒ぎ立てる人を繊細チンピラと呼ぶらしい。 これは社会の有り様と同時に今ネットリテラシーの中で何が起っているかの判断材料になる言葉だと筆者は思う。 やはりネット社会というのは断絶したコミュニケーションの中で様々な出来事(インシデント)だけが重要性を持つと…
市場シェアの独占とFollow meの関連性 コラム・エッセイ

市場シェアの独占とFollow meの関連性

経済においても色々な分野においてもそうだが市場認知度の高い多数派が勝利するという関連性がある。そこで我々は必死にいいねを押したりフォローしたりされたりして無意識のうちに市場における優位性を確保しようとしている。 ここにおいて勝利者は市場シェアを確保できるわけだがこれはテレビの文化人・芸能人のようにと…
僕らの時を求めて(小説パート2) 僕たちの時を求めて

僕らの時を求めて(小説パート2)

                          小松 郁 遥か微かに愛の旋律が響いてくる。  この音は何だろう。 とても苦しく切ない。 まるで誰もいないみたいな旋律だ。  何となく私わかる。 切ない思いだけが込み上げてきて無性に寂しくなるの。  それは何だろう?  多分ね。 私も旋律も一人きりな…
僕らの時を求めて(詩篇2) 僕たちの時を求めて

僕らの時を求めて(詩篇2)

                         小松 郁 真っ青なこの星に彼らは愛されていた。いざ行けよと彼らは背に重い荷を託された。 彼らは分裂し自分の目先の使命を喪失した。 許されている。でも許されてはいない。 その過酷なる運命に抗うには彼らは未熟だった。 でも彼らはなんとなく気づいていた、 …
僕たちの時を求めて(小説パート) 僕たちの時を求めて

僕たちの時を求めて(小説パート)

                           小松 郁  そこはただひたすら穏やかな場所だった。僕たちは些細なことでいつも笑っていた。 僕たちは星のしずくを飲み生きていた。ただそれだけだった。  ねえ、あのお星様はどんなところなんだろう?  わからないよ。でも僕たちはあそこには行っちゃいけな…
僕たちの時を求めて 僕たちの時を求めて

僕たちの時を求めて

                              小松 郁 今日も僕は愛の夢を見ていた。ほんとのところは僕は愛なんてよくわからない。 君を愛してる。 この言葉を言うたびに胸を締め付けるこの辛さはなんだろう。僕は孤独だった。 僕は君と融合したかった。 いつも一緒に笑って。 いつも一緒に泣いて…
インフラから見たクリエイティブ活動の取捨択一 コラム・エッセイ

インフラから見たクリエイティブ活動の取捨択一

クリエイターにとって今はインフラがその成功の可否を握る死活問題となっている。 ■メジャー路線での成功 典型的なビジネスベースとしているのはYouTubeとAMAZONの2大巨頭だ。 YouTubeは映像作成に伴う諸作業や権利関係によって創作経費が上昇傾向になっていくと思われるが広告収入や有料会員など…
生活の手段としての表現から芸術表現、科学の出現、そして表現の乖離現象と孤独 コラム・エッセイ

生活の手段としての表現から芸術表現、科学の出現、そして表現の乖離現象と孤独

人はその人生生活において様々な表現を行う。言葉、身振り・手振り、表情、歌、音楽、服装、料理、絵、住居、生活スタイル、数学、科学、テクノロジーなどなどあげていけばきりが無い。これは集団で生きるために必需の要素であり集団の連携を図るために必須のものだ。人は誰でも自分において表現者である。 この表現を他者…
富の定着による金銭の堰き止めと金銭の流動性の矛盾 コラム・エッセイ

富の定着による金銭の堰き止めと金銭の流動性の矛盾

我々はその場その場で富を産出する。この富を蓄える事により強大な資本力を手に入れるのが現代社会での鉄則だ。 またこれはトリクルダウンと言った楽観的善人論により多くの人々は救われると信じられてきた。 しかし現実による富の蓄積はただ強大な権力のみを発生させて、多くの人はおこぼれを預かろうとまるで乞食の様に…
ノベル部門の専門サイト立ち上げました お知らせ

ノベル部門の専門サイト立ち上げました

■ノベルページの開設について 本ページから独立する形でノベルページを開設しましたのでご愛顧いただければと思います。当サイトでは出版物、他サイト掲載の旧作などを掲載していきます。 登録作家の作品などが随時読めますのでぜひブックマークなどに登録していただければと思います。 ■サイトに参加されたい作家の方…