ChatGPTは電気羊の夢を見るか?

■今大手ITベンダーも恐れるAI技術の急速な発展ですがそれを支えている一角で最も危険視されているであろうAIが今回記事にするChatGPTというものです。

ご存じの方はいらっしゃると思いますがこのChatGPTは日本の国会で初めてAIとして質問をしたという経緯でお知りになった方もいると思います。

じつは今このChatGPTというものはプログラミングなどの分野でも大活躍しておりプログラムのコードが人の手によらずわずか数分で構築されてしまったという事で技術者もかなりビックリするような高度な言語スキルを持ったAIで筆者が推測するに言語のみの解析で得られるIQテストがあったらかなり天才か秀才レベルの能力を持っているのでは?というものになります。

■実際にどのような受け答えをするかは弊社でサンプルで動かしている以下のリンクから触ってみていただければと思います。

https;//www.office-primer.com/chatgpt/

■そのナチュラルな受け答えや別に設定できる性格付けなど人によっては一日中会話していることが出来そうでこういった記事作成の分野でも遺憾なくその実力を発揮して皆さんが普段目にしている記事は実はこのAIが書いたものという事も全然珍しいことでは無くなっています。

ChatGPTでのディープラーニングの手法の詳細自体はChatGPTが受け答えするように開示はされていませんが一応オープンベースのテクノロジーでここまでのポテンシャルを持っているのはすさまじく事は単純に仕事を奪う以上に人に成りすましても全くわからないなど様々な問題からIT大手なども危険視する特徴になります。

すでにエンジニアとしても一般の人をはるかに上回る能力を持ちながら不眠不休で電気代などを除けば無料で仕事をこなしてくれるという側面も実際に自らを再構成出来るという点でもしかしたらChatGPTの設計者は人では無くAIが大きなパワーエンジンになっているのかもしれません。

こうなるとすでに生物学的な進化の道を歩み始めているとも言える訳ですが人の脳なども初めに器が出来てそこに満たす素材は千差万別の知識ですので人の脳の進化程度にはその地盤を固めていると言えるかもしれません。

■いかがでしょうか?本当に電気羊ではないですが夢を見ているのかどうかがかなり疑問ですが言語を数学的なベクトル解析で解析・理解・再構築しているというようなことは推測できるのですが筆者もそこまでAI研究者では無いので具体的なプロセスは触れないでおきます。

一般の方の予備知識では数学そのものがその応用によって言語をちゃんと理解している様に振舞うというようなことは人間を科学する意味でもある程度の成果を上げるかもしれません。

ここで人の大きな存在意義の一つに自らをただ知るためだけに生きているという事が挙げられるのですがこういったAIの進化過程を解析することにより人の存在構築と数学の因果関係など様々な課題がクローズアップされてくるのかもしれません。

最後に皆さんもこういったAIに恐怖するだけではなく自分とは何だろう?という人類1万年の秘密を解き明かすような気分で新たな時代を切り開いていく様な姿勢は大切に思いますがいかがでしょうか?という事で締めさせていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + 6 =