天才を天才たらしめるプロデュース・マネジメント業の躍進

人の才能は全知全能という訳には到底いかずまた才能も限られた箇所でしか開花できないといった事から社会躍動性を維持するためにますます注目を集めていくものがプロデュース業です。

この多くのプロデューサー達は自分にはそこまでの才能はなかったけれども広く世界を見渡し冷静に状況分析して天才たちをより効率的に社会に配置して適切に社会健全性を維持するような活動に当たるかと筆者は理解しています。

当然ながらプロヂューサーも天才と凡才が分かれより私利私欲で行動される方も多いかと思いますがこれは広く社会活性化を維持する社会活動としてとらえた方が筆者は適切に思います。

・・・

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です