特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー極麦プレニアム 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー極麦プレニアム

こちらはタイ産の発泡酒という事で試しに飲んでみました。 泡立ちは豊富で色も綺麗な琥珀色です。 味の方はちょっと一昔前の日本の発泡酒かな?といった感じを受けました。 苦みばかりが際立ちやや水っぽくアルコールを飲んでいる感が強いです。 料理と一緒に食べると料理を淡泊な物でも全く殺さずにこちらの苦みで甘み…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーEUROHOP 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーEUROHOP

こちらはベルギーからのインポートのものでベルギー産麦芽を使った発泡酒扱いということで安く手に入り味も相当に美味しいのでちょっと好きな方はチェックされてみてください。 まず見た目として泡がこれでもかというほど非常に豊富に立つのが印象的な発泡酒です。 ビールの色自体はやや薄い琥珀色ですが盛んに泡が立って…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーサントリーブルー 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーサントリーブルー

続いてはサントリーブルーです。 こちらは主張の少ないエール風味の発泡酒でエール独特の良い香りが鼻から抜けて行きます。 エールはビールよりちょっとお酒っぽい香りが強いのでそこは好き嫌いが別れるかもしれません。 色は黄色い琥珀色で泡立ちはちょっとすぐ抜けてしまうかもしれません。 エールの特徴としてサンド…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020夏ーアサヒ極上キレ味 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020夏ーアサヒ極上キレ味

続いては2020年発売のアサヒ極上キレ味です。 こちらはアサヒらしくかなり辛めのビールになっています。 そこに麦芽やホップが結構強めに味が出てきて苦みがかなり目立つためシーンに応じて美味しいとあんまり美味しくないというパターンに別れそうです。 例えば暑い中運動をして汗をいっぱい掻いてものすごく喉が渇…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020夏ーサッポロゴールドスター 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020夏ーサッポロゴールドスター

こちらはサッポロがブランドとして持っているエビスビールを強く意識した商品なのかな?と思います。 麦芽やホップの香りはエビスビールに近いですがやや角が立っているというか水っぽい側面はあります。 しかしこの価格帯でのエビスビールを意識した商品というのは非常に魅力的です。 色は茶色に近い琥珀色で泡立ちも良…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ージョッキ生 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ージョッキ生

続きましてはロングセラーのジョッキ生です。 今の発泡酒がインパクトが強いためこちらの個性はこれと言ってないというところですが商品の売りのジョッキの爽快感のようなものはあるかと思います。 基本的に泡立ちがすごい綺麗でお酒の色も鮮やかな黄色で泡立ちも良く視覚的に楽しむものかもしれません。 飲み心地として…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーアサヒドラフト 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーアサヒドラフト

こちらは大分定番商品ですがやはり他と飲み比べると辛さがまず印象に残ります。 この辛さはアサヒスーパードライなどでもお馴染みでスーパードライ好きの方がまず発泡酒を選ぶとしたら先に挙げたアサヒザリッチかこのドラフトになるかとは思います。 とにかくザリッチのところでも書きましたがこの辛さと同時に甘さをすご…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーホワイトベルグ 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーホワイトベルグ

ホワイトベルグ 次はベルギーのホワイトビールにインスピレーションされたホワイトベルグです。 こちらは私はホワイトビールというものを飲んだことがないのですが独特の薬草系の香りに包まれ好きな人は好きなんだろうなあと思いました。 私は薬草系の香りは好きでも嫌いでもないのでまあ美味しいですがオレンジピールが…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ 黒 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ 黒

麦とホップ 黒缶 こちらはなんと百数十円で黒ビールが飲めてしまうとのことでものすごくびっくりする商品です。 味は普通のビールに比べると黒ビール特有の焙煎の焦げ臭さみたいなものがしますがこれは黒ビールの大きな個性で逆に特筆すべき点です。 ビールの色はほぼ真っ黒で泡も黒みがかったほんとに本格的な黒ビール…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー金麦香り爽やか 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー金麦香り爽やか

こちらは非常にライトボディでエールのような不思議な香りがするとても独特の仕上がりの発泡酒となっています。 香りがとてもよくライトボディながらモルトの香りもしっかりするので飲んでいても満足感の高い一本です。 上品な香りですので悪酔いもあまりしなさそうです。 色はやや濃い琥珀で泡立ちも良いです。 エール…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ赤 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ赤

麦とホップ赤 こちらは麦とホップの金缶に比べるとかなり飲みやすいラガーかな?といった味わいを備えています。 モルトのコクがありながら金缶の様にいつまでも口の中にモルトのコクや苦みが留まることもなく切れ味は抜群によい仕上がりになっています。 私としては金缶が少し頭がクラクラするぐらいだったのでこちらは…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー金麦リッチモルト 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー金麦リッチモルト

続いては金麦のリッチモルト(青缶)です。 5.金麦リッチモルト 金麦リッチモルト こちらは本麒麟などに代表されるようにジャパニーズビールといったジャンルの中の代表する一本ではないかと思います。 ジャパニーズビールの特徴は非常にスッキリとあっさりとしていてのど越しも良い日本でとても親しまれるビールのジ…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー金麦ゴールドラガー 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー金麦ゴールドラガー

金麦 ゴールドラガー 次にサントリーの金麦のゴールドラガーを飲み比べてみたいと思います。 4.金麦 ゴールドラガー これはずばり言うとものすごく美味しいラガービールです。 普通にラガービールとして売られているものとの発泡酒であるとの差はほとんどわかりません。 ラガービールがお好きな方はもうこれしか無…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ

続いてはヱビスビールも出しているサッポロの麦とホップです。 3.麦とホップ(金缶) 麦とホップ(金缶) こちらは缶は玄人向けな感じですが飲んでみるとまさにすごいとしか言いようがないです。 麦100%で本当にピュアモルトのヱビスビールなどにも匹敵する味を備えています。 ちょっとピュアモルトの香りのえぐ…
【第3のビールを飲み比べてみる】2020夏ー本麒麟 特集

【第3のビールを飲み比べてみる】2020夏ー本麒麟

次に非常に人気が高いと噂の本麒麟です。 2.本麒麟 本麒麟 こちらは第3のビール特有のえぐみや臭みが少なく麦芽の素直な味と香りが特徴的な第3のビールです。 非常にビールに近いためによく売れているというのもわかる気がします。原材料も米が入っていない為、ピュアモルト的な味わいが強いかもしれません。 どち…
【第3のビールを飲み比べてみる。】2020年夏ーAsahi The Rich 特集

【第3のビールを飲み比べてみる。】2020年夏ーAsahi The Rich

今回は夏だという事で手ごろな価格で飲める第3のビールを何種類か飲み比べてみます。 とのことでまずはライバルはプレミアムという宣伝文句のAsahi The Richです。 1・Asahi The Rich Asahi The Rich 基本的には宣伝文句のプレミアムとの対抗というよりも同じアサヒのスー…
失われた国家武力と戦争の不可能性 コラム・エッセイ

失われた国家武力と戦争の不可能性

                            著:小松祐一 現代ではゲリラ的テロ戦術などにより巨大武力の無効化が深刻な課題となってきています。 またいくら巨大武力を誇示しても大衆蜂起などの際には全ての武力が無効化されてしまうまでに人口は増大しています。 またこれらの民衆に対し武力を行使する…
ChromiumOSをビルド、使ってみる ChromiumOS

ChromiumOSをビルド、使ってみる

最近グーグルはChromeBookにまた力を入れ始めたのか広告などが表示される様になり現状どうなっているか気になったのでChromeOSのオープンプロジェクトであるChromiumOSを一応インストールしてみました。 ChromiumOSで求められるマシンスペックは相当に低くても大丈夫でGoogle…
大衆に仮想敵を作らせていくことのメリット コラム・エッセイ

大衆に仮想敵を作らせていくことのメリット

1 自分に非難が集中しない。(あえて自分への避難を反らすためにあいつこそ本当の敵だとごまかして自分への非難を他に反らして流すために誰でも良いから手っ取り早い人間をやり玉に挙げる) 2 現在おきている問題はあいつの所為だとすることによって非難を交わし責任転嫁を図る。 3 第3者同士が勝手に小競り合いを…
エロティシズムと熱力学 哲学

エロティシズムと熱力学

                          著:小松 祐一 エロティシズムの解釈は多岐にわたる。もしかしたらエロティシズムは細胞分裂などの我々が生きていく上での基本である代謝などまでも含んでしまう。 そうなるとエロティシズムは性欲だけではなく食欲、睡眠と我々の生存活動の全てを表す言葉ともなる…
インフラから見たクリエイティブ活動の取捨択一 コラム・エッセイ

インフラから見たクリエイティブ活動の取捨択一

クリエイターにとって今はインフラがその成功の可否を握る死活問題となっている。 典型的なビジネスベースとしているのはYouTubeとAMAZONの2大巨頭だ。 YouTubeは映像作成に伴う諸作業や権利関係によって創作経費が上昇傾向になっていくと思われるが広告収入や有料会員などによってアクセス数が伸び…
YouTubeはスマートキャスト時代にどう出るか? IT

YouTubeはスマートキャスト時代にどう出るか?

このサイトではスマートスピーカーのグーグルホームやアマゾンエコーをレビューしていますがYouTubeはこのスマートキャスト時代にどのような戦略に出るのかを一応レビューしたいと思います。 基本的にYouTubeの広告は広告制作費を安く上げているケースが多くこの高解像度のスマートキャスト時代にプラットフ…
手作り映画(動画)を作ろう コラム・エッセイ

手作り映画(動画)を作ろう

今の時代には高画質のカメラが安価に手に入りPCなどを使って動画編集する事でオリジナルの映画を世に送り出すことが出来ます。 いわゆるインディーズ映画ですが、そのジャンルはドキュメンタリーものからストーリーものまで多岐にわたり誰でも映画が作れる時代になっています。 また作風としても実写からアニメまで手法…
Pioneer TD-T07HS Limitedの沼 オーディオ

Pioneer TD-T07HS Limitedの沼

TD-T07HS Limitedはパイオニアから1996年に発売されてオーディオファンの間で広く周知された商品でした。 今でも盛んに中古市場などで売買が行われ10万円以下で買うのは非常に難しい商品の一つです。 この商品の特徴としてピックアップが上部に装着することにより下の超重量級の安定したターンテー…
僕たちの時を求めて小説パート3 僕たちの時を求めて

僕たちの時を求めて小説パート3

                             小松 郁 ふと目を覚ますと君がいない。僕が君を見失うことなんて無いと思っていた。 僕の過信だ。僕は必死でそこら中を見回した。 でも彼女は見当たらない。 その時かすかに彼女の旋律が聞こえた。彼女も寂しげに旋律を奏でているようだ。 僕は急いでその…
原子力発電への安全投資を十分に行なっていくべきか? コラム・エッセイ

原子力発電への安全投資を十分に行なっていくべきか?

地球温暖化に際して経済拡大を成し遂げながらある意味決定的な解決策としての機能を備えているのは現状は原子力発電が一番親和性が高い。 この原子力を危険だと言って社会的に排斥して投資を滞らせる事は原子力発電の安全リスクをますます高めていく結果にはなる。 ここで人々がどれだけ電力に頼った生活を送っているかを…
僕たちの時を求めて詩編3 僕たちの時を求めて

僕たちの時を求めて詩編3

愛に従え。愛に従えば力が得られる。 それはそなた達を導く手助けとなるのだ。しかし我は未だに力が足りぬ。それは情けないことだ。 その方は苦しんでいるようだった。まるでたった1人で生きているようだった。 僕たちはさえずる。愛はここにありますとも。 その方は僕らを見て少しほっとしたようだった。 我は力をコ…
SNSと繊細チンピラ症候群 コラム・エッセイ

SNSと繊細チンピラ症候群

SNSなどで何らかの出来事が発生した時に大げさに騒ぎ立てる人を繊細チンピラと呼ぶらしい。 これは社会の有り様と同時に今ネットリテラシーの中で何が起っているかの判断材料になる言葉だと筆者は思う。 やはりネット社会というのは断絶したコミュニケーションの中で様々な出来事(インシデント)だけが重要性を持つと…
市場シェアの独占とFollow meの関連性 コラム・エッセイ

市場シェアの独占とFollow meの関連性

経済においても色々な分野においてもそうだが市場認知度の高い多数派が勝利するという関連性がある。そこで我々は必死にいいねを押したりフォローしたりされたりして無意識のうちに市場における優位性を確保しようとしている。 ここにおいて勝利者は市場シェアを確保できるわけだがこれはテレビの文化人・芸能人のようにと…
僕らの時を求めて(小説パート2) 僕たちの時を求めて

僕らの時を求めて(小説パート2)

                          小松 郁 遥か微かに愛の旋律が響いてくる。  この音は何だろう。 とても苦しく切ない。 まるで誰もいないみたいな旋律だ。  何となく私わかる。 切ない思いだけが込み上げてきて無性に寂しくなるの。  それは何だろう?  多分ね。 私も旋律も一人きりな…