Google Homeを聴いてみる

スマートスピーカーのジャンルはユーザ獲得のためにコスト度外視で作られているだろうという事でまずはGoogle Homeで音楽を聴いてみました。

こちらはBluetooth接続すればパソコンやスマホのスピーカーとして使えてパソコンやスマホより音は断然良いのでお気軽なパソコンやスマホのグレードアップツールとして使えるのも非常に良いところです。
Bluetooth接続に際しスマートスピーカー部分の応答はどうなるかと思っていましたがこちらはパソコンやスマホと接続していてもアシスタント機能はちゃんと働く様です。

肝心の音はやはりアシスタント機能からダイレクト出力される音とパソコンやスマホからBluetooth接続した場合は断然アシスタント機能からダイレクトに出力した方が良い様です。

ただアシスタント機能がなかなかアーティスト名やアルバムの再生、ストップしてしまった場合などの途中からの再生などで要領を得ない部分はあるのでじっくりと音楽を聴く分にはパソコンスマホ専用アプリから画面を見ながらBluetooth接続で再生した方が使い勝手は断然個人的には良かったです。

ただこのアシスタント機能は色々豆知識を教えてくれたり時計機能になったりニュースを読み上げてくれたり私はそこまでは試せませんがスマートホーム機能と色々と便利なのでこちらは内蔵アシスタントが充実していってくれれば良いかなとは思います。

Bluetooth接続でも音的には低音がすごく効いて360°スピーカーだと思うんですがどこで聴いていても音がちゃんと通るのでそこは素晴らしい所です。

中域も非常に綺麗高域がある程度直線的な伝達をするのに対してもうまく解消していると思います。
専用のオーディオDACでケーブル出力で音声出力した場合とは比較にはならないのでそこはご愛敬です。
まあ当然専用オーディオにDACでケーブル出力した場合には場所電気代はすごくかかりますのでコストパフォーマンスで非常に良い製品です。

特にWindowsパソコン等での音の違いは見違える様なものがありますして10000円以下で買えますので是非音を安くグレードアップされたい方には導入をお勧めしたいと思います。

Google Homeの場合は音楽配信サービスはスポティファイやYouTubeなど各社が選べますのでそこも良いところです。

また記載の様に音楽配信フリープランなどでもダイレクト出力した場合のこのコストパフォーマンスはすごいものがあります。

多分コスト的にはGoogleも赤字を出す寸前で作っていると思うので非常にお買い得感はあります。

アシスタント機能も私もまだ完全に使いこなせているわけではありませんが日本語を非常に滑らかにしゃべってくれるので全然違和感がないです。

製品の意図としてスマートホームの様な利便性を求めるのか音楽配信を究めていくのかターゲティングがまだ定まっておらず少し迷走気味な本機ですが取り敢ずはパソコンやスマホのBluetoothスピーカーとして非常に優秀でコストパフォーマンスがすごく良い製品として購入されるのが一番良いかとは思います。

プライバシーなどはマイクも接続されており非常に気になるところですが、特に今の時代そういう事にあまり細かく気にしていては生きていけない様な気もしますので、そこは気になる方は専用の高い数万円するBluetoothスピーカーの方を好んで選ぶかは人それぞれだとは思います。

とにかく良い音を出すために専用スピーカーとしてのコストパフォーマンスは抜群です。

この場合アシスタント機能アラーム設定できたり時間を教えてくれたり一応音楽配信サービスをダイレクトに出力してくれてまた音が良くなったりまあ色々便利に使えると言う事で取り敢ずは現時点ではオマケみたいなものでしょうか?

スピーカー特性的にはナチュラルでクラシックから激しいものまで何でも行けるといった感じです。
特に低音の厚みがこの大きさで素晴らしくありそこから中域への繋がりなども非常に美しくまたパソコンなどと接続する場合操作音なども鳴らすので全般的に良い音を出そうといった設計思想だと思います。
高域などもナチュラルで再生する音をあまり選ばない感じです。

本当に10数センチの筐体のスピーカーから出ているとは思えない様な音を鳴らしますのでその音はBluetoothスピーカーのリファレンスとしても是非聴いてみて下さい。

非常にお買い得な製品で個人的には非常に満足な製品です。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です