セブンイレブンで買えるワインを飲んでみる その3

今回は非常に安いチリ産のソービニョンブラン種を使ったアンデスキーパーというワインを飲んでみたいと思います。

■セブンプレミアム アンデスキーパー ソーヴィニヨン・ブラン 750ml 白 388円

まずこのワインの特徴で非常に安いことが挙げられますがソービニョンブラン種を使ったワインでここまで安いワインはなかなか無いと思います。

まあチリ産ですのでフランスの土着品質であるソービニョンブラン種がどこまで優れた環境で育てられるかはよくはわかりませんが、このソービニョンブラン種は非常に個性が激しく気難しいブドウ種のようで人によっては全然美味しくないという方もいるかもしれません。

香りの傾向としてはかなり柑橘系の香りが強く酸っぱいワインだということは大体想像は出来ます。

ですのでこの酸味は食中酒として非常に味の濃い食事などでも負けずに飲むのに適しているワインで単品で飲んだ時には酸っぱさが際立ってあまりおいしくないと感じるかもしれません。

しかし香りはかなりハーブのような薬草成分も覗かせる複雑なものとなっており400円のワインとしては相当にレベルが高いものだと思います。

飲むとまず強い薬味成分のようなハーブか柑橘系の香りが広がります。

これはソースなどの濃い味にも負けずにそういった濃い食品と一緒に飲むには食欲が掻き立てられて非常に優れているのではないかと思います。

これはソービニョンブラン種は非常に寿司にあうワインとして知られていますのでお寿司などと一緒に食べられることもお勧めします。

やはり薬味成分のようなソービニョンブラン種特有の香りはえぐみの成分のように感じられる方もいるかもしれません。

そういう方はソービニョンブラン種自体があまり美味しくないと感じられると思いますのであまりソービニョンブラン種のワインは買わない方が良いかもしれません。

400円でソービニョンブラン種のテーステングができるのは良いと思います。

ただこのソービニョンブラン種はフルボディの古いワインでもしかしたら本領を発揮するブドウ種かもしれずちょっとこのワインが若いであろうことは味わいの本領を発揮できていない部分かもしれません。

セブンイレブンで売っているワインのほとんどで言えることですが長期熟成に適したブドウ種では取り扱いが全て若いワインであるために本領を発揮しきれない部分はあるかもしれません。

このアンデスキーパーは苦み成分や酸味成分も結構強く甘くもないので甘いもの好きな方には飲みにくいワインには挙げられると思います。

ここは一緒に食べる食品で甘みを補ってあげる必要はあるかと思います。

ここで意外とすごく甘いチョコレートなどと相性がよくすっきりした味わいや柑橘系の香りや薬味成分の香りが程よく調和します。

チョコレートはスニッカーズをつまみにして飲みましたが非常に美味しかったです。

とにかく安いワインで如何に美味しく飲めるかの工夫がいろいろ必要そうですが10度以下に冷やしたりデカンタなどでよく空気になじませるのも必須かとは思います。

香りはやや寝かせると薬味成分のような香りに華やかさが少し出てきます。

少し味にばらつきがあり飲んだ時の華やかな高揚感にかける部分はあるかもしれませんが400円のワインですのでそこはしょうがないかもしれません。

この苦み成分や酸味成分をすこし空気になじませることで華やかな調和した高揚感のある味に調和させることは多分専用のエアレーターなどが必要だと思いますのでワイン好きな方はこう言った器具も整えられるのも良いかと思います。

ただ一つこのワインの特徴として挙げられるのが飲んだ後で胃から登ってくる香りが非常に心地よい香りであることは挙げられます。

酸っぱいワインなので食事と一緒に飲むことは必須だと思いますがこの後からの香りの良さは良い点かもしれません。

セブンイレブンで売っている白ワインや白ワイン全般に言えることですが一般で買えるマスカット種などの甘い白ワイン以外はかなり酸味が強いことが挙げられそれが敬遠される方も多いかなと思います。

華やかな香りで食前酒や食後酒として飲むのは赤を買うことをお勧めしますが食中酒としては白は魅力的な選択肢になります。

他にも色々飲み比べてみたいと思いますがその1で取り上げたアイレン種よりもちょっと癖が強く野性味の強いフランス産ブドウ種といった感じのワインです。

ここは書いたようにエアレーターやデカンタなどで味を調整されてみて下さい。

エアレーター

私が使っているエアレーターで1,000円ちょっとの器具を使っているのですが、試しにこれを使ってグラスに注ぐと真の太い調和のとれたバランスのいい香り豊かな味に変わってきました。

エアレーターを通して注ぐと薬味成分のようなワイルドさもかなり引き立て役に回る感じでエアレーターを使うのは非常に良いと思います。

エアレーターを通してグラスに注ぐと本当に400円程度のワインか?といった味になります。

このエアレーションを行った後でチーズのつまみなどと一緒に食べるとチーズの甘みとしょっぱさが絶妙にマッチして素晴らしい時間になります。

ぜひお手軽ワインで少し良い気分になれればと思います。

また以下の真空栓などを購入されてなかなか一晩では飲みきれないワインの保存などにお役立てください。

ワイン真空栓
0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です