Amazon Fire TVを視聴してみる

Googleがキャストに特化した端末でスマートホームなどとの親和性や発展性はGoogleが多いにありそうですが、堅実にPrime Video、NHK World、NetFlix、hulu、Abema TV、TVer、Gyao、wowow、スカパー、YouTube、ニコニコ動画、ツイッター他セットトップボックスのバグが少ない専用端末で着実に制御デバイス等をあまり必要とせず、充実した映像コンテンツをながら視聴などが実現できるアマゾン Fire TVはどこまでスマートホームの機能を拡大させて行くかもありますがやはり強い物があります。

Prime会員であればChromeCastでもクロームブラウザからのキャストでPrime Video他これらのサービスはキャストで大画面で実現できますがやはり音声での映像コンテンツ再生の応答にはまだ課題も多くもし購入検討されている方でどちらを導入するかは非常に悩むところではあると思います。

映像で言えば4Kのものを買いましたがこちらはかなり綺麗です。
Amazonも今Fire TVに関しては製品戦略を錬っているところかとは思いますがコンテンツ選択などを最適化したよりスマートホームに親和性が出たものをラインナップしてゆく可能性があります。

とりあえず現状ではTVのオンオフ他様々な操作は最新の専用のテレビが必要になると思いますが一時停止、再生、続きを再生してなどと言った言葉には応答してちゃんと動作してくれるのでそこは便利かなといった部分はあります。

あとはこの端末でお勧めされましたがアマゾンフォトという写真共有クラウドサービスは容量無制限みたいなので使い方によってはスマホのクラウドサービスのバックアップ先などに使えるかもしれません。

Amazon Photoがビデオ等をサポートしているかはわかりませんがもしサポートしていればAmazon PhotoにアップロードしておいてこのFireTVでのコンテンツ再生なども対応するかとは思います。

クロームのキャスト先でこのアマゾンのデバイスが表示されるのですがどうなのかはわかりませんがAmazonもある程度キャスト再生などを念頭にいれているかもしれません。

一番良いのはクロームキャストとFire TVが連携してくれることですがこれはまず無いと思います。

こちらのFire TVはやはり映像コンテンツ再生に特化している色合いが強くPrime会員などで無い方はあまり必要ないかもしれないというのが難点です。

もちろんフリーのコンテンツプロバイダーを見て楽しむのも楽しめるかとは思いますがこの端末を買う方でPrime会員でない方はほぼ居ないと思いますので映画やドラマなど制作費をかけたちゃんとしたコンテンツを視聴する場合には非常に効果的です。

特典とか付けだしてレンタル商品とかもお得に利用できる様になったらますます良いって感じでネットのコンテンツビジネスではそれなりの需要がありそうです。

あとはエコーとの同期が簡単にできて音声がエコースピーカーで再生される事が一番興味ある事ですね。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です