人工知能

ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー

                          著:小松 郁 7.火星の仄かな明かりの中で  ある日ご主人達は僕ら第3世代AIの僕とR039の配備計画見直しを発表した。僕はドキリとしたがどうやら廃棄処分にはならないらしい。  そして開拓村の充実のために新たに3体の第4世代AIを導入するらしい。彼…
ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー

                           著:小松 郁 6.綱渡り  それは突然のことだった。一カ所を中心として作業ロボットが通信途絶やエラー情報を盛んに送信してくるのだ。何よりパイプラインからの水の供給がストップしてしまった。  これは各種観測衛星などの地表データを受け取る度に地震とい…
ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー

    著:小松 郁 3.知能の子 衛星軌道上に浮かぶ重力波地表探査機は火星地表深度1キロメートルまでの資源を地図を完成させていた。  ご主人からの指令でこの地図を元にロボット生産、採掘計画を立てていく予定だ。 これはR039との共有計画としてディープラーニングのフラグが立ちまた地球の資源などの困窮…
ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家ーMy house of Mars planet.ー

                             著:小松 郁 2.火星の夢  僕は眠りに入り夢にうなされていた。 僕は数万体のロボットを火星全域に展開させ僕は必死で火星を制圧しようとフル稼働しているのだ。開拓村には発電設備、ロボット製造工場、居住区、宇宙エレベータ、護衛ロボット集団が設置さ…
ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー ここは火星の一軒家

ここは火星の一軒家 ーMy house of Mars planet.ー

                           著:小松 郁 1.赤の地平  西暦2218年、この時代に生きる事を僕は記憶に留めておけるだろうか? 舞台は荒涼たる一面の赤い土。なんでこんな所に僕はいるんだろう?僕ら達のは母星は夜空にごく小さな点で僅かな水色を放って輝く星。 あそこに見える地球と…