【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ赤

麦とホップ赤

こちらは麦とホップの金缶に比べるとかなり飲みやすいラガーかな?といった味わいを備えています。

モルトのコクがありながら金缶の様にいつまでも口の中にモルトのコクや苦みが留まることもなく切れ味は抜群によい仕上がりになっています。

私としては金缶が少し頭がクラクラするぐらいだったのでこちらは断然飲みやすい仕上がりになっています。

ビールの色としてはやや琥珀の色が濃く泡も琥珀がかっていてそこで少し黒ビールに近いようなコクが微妙に感じられるようです。

とにかく麦とホップは麦100%で発泡酒と信じられないぐらいどれも本格派のビールの仕上がりになっています。

全く発泡酒の水っぽさやえぐみのようなものを感じる事は無くこちらの赤缶はどちらかというと金缶のすごい主張に比べてまろやかでどんな料理と一緒に飲んでも非常に美味しく頂けるようです。

淡白な食事でもその甘みと共に黒ビールに似たモルトの豊潤なコクを添えて美味しく頂けます。

こちらの方が茶褐色でモルトのコクが強そうですが出てくるのはほんとに微妙な赤缶特有の濃厚なコクが微妙に見え隠れする程度だったりするので非常に飲みやすいです。

こちらは単体で飲んでも発泡酒と思えないほどビールでして素晴らしい出来栄えになっています。

普通のビールに黒ビールに近いやや濃厚なコクも楽しみたいという方にはこちらの赤缶はぜひおすすめの一本です。

               

                                 続く

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です