Kindle Fire HDの古い世代のものを使ってみる

Kindle Fire HDはAmazonが発売しているAndroidタブレットの一派ですが、昔はグーグルのAndroidタブレットなどに比べて機能が制限され使い勝手が少し悪いかな?などと思っていたのですが、ここに来てAmazonのプラットフォームとしての取り扱いコンテンツが莫大に増えたためグーグルのAndroidタブレットとは全く方向性が異なり純粋に本などのコンテンツを楽しむものという認識で買えばとても利便性が良いかな?と思いましたので記事にします。

私はとりあえず眠っていた第2世代のものを取り出してきて今ちょっと確認中ですがこちらはまず端末の登録にアマゾンへのログインを2段階認証にしているととても戸惑ってしまった事(一度ログインしてエラーメッセージが出るがコードは送信されてくるので再度パスワードを入力してその後に続けて送られてきたコードを記載してログインする。→2段階認証の別のサインイン方法)、またプライムビデオなどが利用出来ずバックカメラ等も搭載されていないのでこちらはちょっと時代遅れになってしまった端末の感はあります。

とのことで今は第何世代に当たるかはよくわかりませんがそちらはまた記載するとしてこちらの端末でもプライムビデオ以外はミュージックなども含めとりあえず問題なく使えましたので一応そちらを記載して行きます。

何より通勤の電車内などで本や雑誌、漫画、今はAmazonと各新聞社との折り合いで対応しているかはわかりませんが新聞など見る分にはこちらでもとりあえず軽くて小さいのでとりあえず何の問題も無さそうです。

小さなバックにも入り重たい本を持ち歩くのに比べれば全然かさばりません。
動作も結構機能を特化しているのでこの古い端末でも特に問題になる様な事は無さそうです。

ただキンドル端末はwifiのみ対応ですので外出先に持ち歩くには他にwifiに接続できる機器などを持ち歩く必要があります。
こちらはもしかしたらAmazonですので次の経営戦略としてAmazonのスマホといったラインナップも戦略を錬っているかもしれませんがとりあえずそれが出たらおじいちゃん、おばあちゃんのユーザーが圧倒的に多いドコモ辺りと提携しそうです。笑

とりあえずアマゾンクラウドはあまり使っていませんがアップルの制限5GB以内でそれ以上は追加契約といった事がとりあえず現状は無いので気にせずクラウドストレージが使えそうです。

多分この第2世代辺りは高年齢者世代の人が持ってもアプリがごちゃごちゃと並んでいて複雑な設定などwifi接続とログインさえ出来てしまえばもう何も考えずすぐに利用出来る様なインターフェースになっていますので高齢者の方などは結構便利に使えるかと思います。

外出先でとりあえず色々なコンテンツを楽しむためとよりオンラインコンテンツの普及に向けてこのキンドル端末が高齢者を中心に普及すれば爆発的なオンラインコンテンツの売り上げなども予想されるかと思います。

あとこのキンドルの第2世代の端末は他のタブレットなどに比べてかなり音が良いのが特徴でプライムも契約されている方はミュージックもかなりの数が聞けますので是非楽しんでみて下さい。

アマゾンも最新のものを買って見てわかったのですがかなりもう利益などは度外視でこのキンドル端末を売っている様でオンラインコンテンツの普及促進にかなり力を入れている様です。

ぜひおじいちゃん、おばあちゃんが本を読みたいなどと言った時にこのキンドル端末をプレゼントに送るなどはすごく良いかもしれません。

是非、娯楽なんてパチンコや麻雀以外興味ないといった方々向けにもこういった端末を手に取る機会があれば良いのですが・・・。笑

とのことで激安でキンドル端末は買えますしクラウドストレージも使い放題みたいなのでタブレットなど買う際には是非キンドルも選択肢の一つに入れて見て下さい。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です