DENON PMA-60を聴いてみる

こちらはDENONが投入しているプリメインアンプ一体型DACですがこちらはスペースなども広くリスニング空間を包みこんでくれる様な音の再生を行いセパレートアンプとしても非常に優秀なプリメインアンプだと思います。

スペースを広く設定している分やや解像度に欠けるかなと思われるところはありますが非常に音場の雰囲気作りが良くAdvanced AL32 Processing Plusで通常のCD音源などもダイナミックレンジの広くて滑らかで空間を包み込んでくれる様な音楽再生を行ってくれます。

音楽を聴いていて肩肘張らずに楽しくリラックス聴けて実売は50000円前後かと思いますので非常にコストパフォーマンスの良い商品だとは思います。

DENONはDACが優秀でこの機器に搭載のClassDアンプはどちらかと言うと一般向けユースの商品で一般的に良い音は達成していると思います。

また低消費電力、設置の安易さ・場所の取らなさ、BlueTooth対応など優れている点は多々あります。

またDENONのDAコンバーターは単体で一般のステレオシステムに繋ぐと信じられない様な音を鳴らしますのでこちらはマニアの方の選択肢としてはDACの方も買った方が良いかなと思います。

ただ気楽に低消費電力で音楽を垂れ流して置くといった使い方ではこのPMA-60も安価ですのですごくいい商品です。

普通のピュアオーディオのステレオセットだと酷くて1000w以上とか消費電力を食う可能性がありますがこちらはたったの25wでハイエンドでもこう言う音を鳴らしそうなセットはありますのでそれに近い音を鳴らしてくるのは驚異的かもしれません。

どちらかと言うと音は力強く芯がありやや膨張気味ですが広大なスペースを纏っているようなイメージです。
ただ広大なスペースを纏いつつ各パートの楽器の音は非常に繊細です。
この力強く広大なスペースが音楽への没入感を増してくれるかもしれません。
また低音のグルーブ感のある演奏などを流すと秀逸かもしれません。

またミドルが厚いことからボーカルはこれでもかと言うぐらい非常に感情豊かに再生してくれます。

こちらは私のリファレンス環境では最低限の誰でも手に入る様な赤黒の細いケーブルで電源ケーブルも数百円のものでスピーカーもそれほど良いものとは言えませんので、スピーカーを良いものにしたりウーファーを追加したり各ケーブル類を見直したり色々な楽しみ方はあると思います。

とにかく廉価な商品でAdvanced AL32 Processing Plusで音を常に聴いていたいと言う方などお勧めです。
価格で言えば圧倒的なコストパフォーマンスのある商品だと思います。

またBlueTooth接続がそれほど音質の劣化を感じないということも思いました。

子供さんには勿体無いかもしれませんが良い音楽を聴く上でこのシステムをプレゼントするなどしても間違いはないかと思います。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です