YouTubeはスマートキャスト時代にどう出るか?

このサイトではスマートスピーカーグーグルホームアマゾンエコーをレビューしていますがYouTubeはこのスマートキャスト時代どのような戦略に出るのかを一応レビューしたいと思います。

基本的にYouTubeの広告広告制作費を安く上げているケースが多くこの高解像度のスマートキャスト時代プラットフォームの足を引っ張る存在となっています。

YouTubeの広告は画像にもお金をかけておらず音は劣悪です
これでは広告どころか広告が逆に広告主にとって非常にマイナスイメージになる可能性があります。

そこで思い切った経営戦略を立てられず1280円という他者比較で高額なプレミアムプランYouTubeはかなり環境を改善していかなければスマートキャスト時代に時代遅れになる可能性があります。

YouTubeのコンテンツお金をかけているものも多く画像も音楽もすごく素敵なコンテンツは大量にあります

YouTubeプレミアム加入者グーグルホームを配るといった戦略も行なったようですがいまいちプレミアム会員は増えていない様な気がします。

これからスマートスピーカーやテレビへのキャスト端末がますます普及していくと思われますがYouTubeの様な巨大メディアにとってそこでちゃんと視聴してもらえるかは大問題になります。

同じ問題は動画配信会社各社での劣悪な画像、音環境などでも言えますが高解像度で画像も音楽も試聴される様になるスマートキャスト時代に画像と音が劣悪なコンテンツは避けられてしまうといった問題を抱えている様に思います。

もちろんスマートキャスト時代に入りデバイスの普及率が向上して行くに従い広告や収益プランが成り立つ様になりこういった問題は回避されるかとは思いますが動画配信会社にとっては2020年はその正念場に立っていると言えるかもしれません。

YouTubeなどは積極的にデバイス市場には参入しない方針ですがアマゾングーグル引っ張っていく市場でどれだけ市場シェアのボリュームバリューが出せるかは現状ではかなり未知数です

ここで両巨頭であるアップルマイクロソフト動静が気になるところですがこちらは着々と今戦略を錬っている最中かと思われます。

しかし一方でほぼ地上波やBS波などのテレビ放送が壊滅するスマートキャスト時代ですがこれに対しテレビ局各局もどう対処するのか急がなければならない様な気はします。

取り敢えずスマートキャスト時代に皆さんがどんな選択をするのかが楽しみではあります。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です