Amazonで書籍を出版するには?

近年、社会環境の激動などにより如何にお金を確保しながら有意義な時間を過ごすことは重要な意味を持っています。

そこで自分が持っている知識を世の中に広く周知して社会に貢献しながら自らも収入を確保することは重要な意味を持ちます。

■Kindleでの出版物の市場価値

kindleで出版することになると当然出版物として書籍代の印税を貰いながら活動することになりますがそこでの出版物はどれほど読まれるものなのでしょうか?

ここら辺はかなり疑問に思われる方も多いかと思いますがやはり小説や漫画などのフィクションでの創作物の場合にはかなりの苦戦が強いられます。

これは俗にいう文壇内での読み合いやまたそこから不随する褒め合い、貶し合い、持ち上げ合いなどの他様々な書籍の出版以外での活動も重要になってきます。

そこまでフィクションの創作物に魅力的なコンテンツを付与する事は一部の大ヒット作品を除いて凡才にはほぼ不可能に近いといえます。

それとは逆に現実を喚起させるものは地道にベストセラーを作ることは筆者の場合にはかなり容易です。

これはフィクションの創作物は構想などのプロットも含めて大変な作業になりますがそこまでの市場価値は残念ながらそれほどないということです。

ただフィクションでの爆発的ヒットの刊行物とノンフィクションの地味なベストセラーを比べると圧倒的にフィクションの爆発的ヒットの刊行物が数百万部から1億部に至るまで売れノンフィクションのベストセラーは数十万部売れれば良い方なので、そこは自分の才能の適性ややりたいことなどをよく確認されるのも良いかと思います。

■kindle Unlimitedで地味に稼ぐ

当然人はそんなには書籍に対価を支払うのは躊躇しますのでアマゾンなどでは読み放題サービスのKindle Unlimitedでまずはどれほど読まれるか確認するためや確実に収益を上げるために登録することが良いと思います。

こちらは以下のページで毎日の売り上げと月の売り上げ、それぞれの出版物のタイトルの売れ行きなどが出版と同時に確認できるページになっています。

Kindleダイレクト出版

https://kdp.amazon.co.jp/

こちらではとりあえず売れたときに支払われる対価が70%で登録できる価格で設定してKindle UnlimitedでもPV数によって代金が支払われるサービスを利用して出版するのが良いと思います。

ここで注意ですが出版物を刊行した場合に税務署への申告が必要になることでわずかな売り上げのために面倒くさい税務申告を行うのは割に合わないケースもよくありますのでどのようなプランで作家活動を行うかのビジョンの設定や実質的な処理業務などはちゃんと行っておく必要があるかとは思います。

またマイナンバーが確か必要でちゃんと作家としてやっていくために上記の確認は重要になってきます。

■対資本投下率対回収という課題

創作活動全般に言えることですがよりクオリティの高いものを追求していくとその作品に多くの資本を投下しなければいけないということが挙げられます。

これは創作活動で出版したらそれが後世にまで残るものとして今できる範囲でクオリティ確保の為の資本を投下することは重要になってきます。

これが創作物全般の課題で音楽をされている方は楽器に数億円の機材を買ったり、写真などをされている方は最低でも1,000万円程度の機材を揃えて各地を飛び回りモデル費用を支払ったり、ゲームや映画などを作る方は制作費として100億単位のお金を投下するというようなことになってきます。

ここで書籍は資本の投下率が比較的安価に済んで結構な社会的影響を与えて連発も出来るということで今の時代でも創作物の主流になっています。

本という媒体は比較的お金がかからない創作物であるという事は挙げられますが一方でメディアミックスなどの創作物の骨格を作るということで非常に重要な役割を果たしています。

ここら辺は冷静にこの資本を投下して回収が果たしてできるか?といったプロデューサー的な観点も育まれるかと思いますのでそちらの方が得意な方はいろいろと才能を磨かれてみてはと思います。

またこの旺盛な資本投下は経済活性化にも繋がり雇用創出にもつながるという側面を持ってきます。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です