dマガジンを購読してみる。

 dマガジンはドコモが提供しているサービス群の一つですがその価格である月額400円(2021年2月現在)で500冊もの大衆紙からマニア向けの雑誌、一般週刊誌なども読めて非常にお得なサービスなので知らない方向けにこの記事を記載していきます。

 ドコモは最近アマゾンに対抗して凌駕しようとしてるんじゃないかというぐらいコンテンツが豊富で価格設定も破格なのが特徴ですので他のサービスもいいものがあったら是非ご覧になってください。

 そしてドコモが提供するサービスでいいところがdカードを契約しているとポイントがすごくたまるということです。

 こちらは年間で家族全体なりでもドコモでスマホ支払い料が10万円を超えてくる場合には、dカードのゴールドカードを契約するのが今ポイント還元などもやっておりお得で、ドコモの契約だとポイントが10%付くので回線料で10万円以上使っているとその年会費も相殺出来て、海外・国内旅行時の傷害保険なども最高5000万円付くので、ドコモユーザーの方は年会費が高いとか言っていないでまず平カードよりもゴールドカードのご契約をお勧めします。

 話がそれましたがこのdマガジンもドコモ提供サービスでdカードのゴールドカードを持っている場合10%ポイントが還元されます。

 これはdカードの入会特別ポイント提供タイミングなどを見てぜひ入会されることをお勧めします。

dカードゴールド

 そして何よりこのdマガジンは圧倒するような雑誌の掲載量を誇ります。

趣味のプラモデルやアニメやプロレスからFLASHなどの一般大衆紙、グルメ雑誌、旅行雑誌、CanCan、ananなどの女性ファッション誌、ポパイなどのライフスタイル誌、メンズノンノなどの男性ファッション誌、アニメなどのアニメディア、パソコンの週刊アスキー、ゲームなどのファミ通、TV番組のザテレビジョン、趣味のカメラ、時計、経済・科学雑誌、一部海外雑誌ともう何でもありの構成になっています。

dマガジンの掲載雑誌などは以下で確認されてみてください。

dマガジン

 これに漫画雑誌が加わればもう日本の雑誌類はほぼサポートしてしまうのではないかというぐらいです。

 多分雑誌はもしかしたらdブックなどで読めるかもしれませんがここはまた別の機会に記載します。

 こちらのサービスは男女問わず非常に世の中に敏感な方は是非購読したい雑誌ばかりですし今なら31日間無料(2021年2月現在)という形でお試しで入会することも可能です。

 ドコモユーザーなら絶対に入っておきたいサービスですしドコモ以外のユーザの方もdポイントなどがたまるお店も今はそこら中にありこちらを無料で使うこともできることやこちらの購読でもdポイントが溜まりますのでいろいろなご興味がある方はぜひアプリをダウンロードされてチェックしてみてください。

 ここでやはり雑誌ですのでスマホよりもある程度の大きさがあるタブレットで読むのが読みやすいのですがスマホでもちょっとした暇潰しにと十分に価値のあるサービスだと思います。

 あと時々サービスで雑誌の付録が当たるサービスなども行っているようですので、ぜひチェックされてみてください。

 ドコモは今業務改革などでコンテンツビジネスや一般小売店などとの提携サービスを盛んに進めていますので例えばTポイントやPontaポイントを貯めるよりもdポイントを貯めるのが一番使いやすいということもあります。

■アニメ好きなら入らないと損なdアニメストア

またアニメ好きの方なら欠かせないサービスがドコモにはありまして全作品見放題で月額440円(2021年2月現在)というdアニメストアというサービスがあります。

こちらは古くからのアニメ作品などTVシリーズ放映のものがメインに構成されていますが懐かしいアニメなどがこれでもかというぐらいに見放題になります。

dアニメストア

こちらも31日間無料サービスを2021年2月現在行っていますのであーあのアニメ作品見たいなあ。とか今どんなアニメやってるの?とかって方にはお勧めのサービスです。

こちらもとにかくアニメとアニメに関わるコンテンツしか取り扱わないのでこの価格で実現できていると思いますが逆にあの作品の続きがあったんだ。とかこのシリーズの派生作品こんなにあるの?とか色々発見もあります。

アニメといえばアニメソングですがそう言ったコーナーもちゃんと設けられています。

またこちらで便利なのがiPhoneなどで再生していても安いGoogleのクロームキャストやGoogle Homeシリーズ、ちょっと高いですがAirPlay経由でAppleのAppleTVやHomePodsに簡単に映像や音楽を飛ばせることです。

こちらでiPhoneで再生しながら40インチ以上の大画面で大迫力の映像と音で再生できるといった非常に優れている点があります。

ご興味ある方はリンク先をちょっと見てみて下さい。

 やはりドコモは資本力が違いますのでそのコンテンツ提供力はアマゾン並みに破壊的です。

ぜひこの機会にドコモが提供する様々なサービスをチェックされてみてください。

■以下Googleのクロームキャストの記事です。

■以下AppleのHomePodsの記事です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です