【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーサントリーブルー

続いてはサントリーブルーです。

こちらは主張の少ないエール風味の発泡酒でエール独特の良い香りが鼻から抜けて行きます。

エールはビールよりちょっとお酒っぽい香りが強いのでそこは好き嫌いが別れるかもしれません。

色は黄色い琥珀色で泡立ちはちょっとすぐ抜けてしまうかもしれません。

エールの特徴としてサンドイッチや軽食と一緒に食べた時に抜群の甘さや豊潤な香りが引き出されて美味しいという事です。

そのままで飲むとこちらは少しお酒臭さがかなり強いのでちょっと悪酔いするかもしれません。

エールは暑い夏の日中というよりもやや日も暮れて夜にゆったりと軽食やちょっとしたおつまみと一緒に飲みながら優雅なひと時を過ごすというのが一番リラックスできるかもしれません。

そのシーンにはぴったりマッチするような豊潤な香りを備えています。

またやや口の中での麦芽やホップの残留時間は長く少し唾液に良い香りが含んでいる状態で良い気分になれるかもしれません。

こちらのブルーは苦みやコクなどは非常に薄く淡白で飲みやすい発泡酒になるかとは思います。

その分薄味の軽食などでも味を殺すことなく淡白な食事と一緒に食べると感じる結構な苦さとあふれ出る甘味と共に非常に優雅なひと時を過ごせます。

お酒っぽいというのはややビールが水っぽくなるという事で単体で飲むより食事などと一緒に食べたほうが断然美味しいと思います。

これはサンドイッチなどと食べるとシャキシャキの野菜の新鮮さなども殺さず際立ててくれる発泡酒として非常に優位なものを持っています。

とにかくロマンティックないい雰囲気になれるエール風味の発泡酒としてすごくすぐれたものがあると思います。

是非エール風味のこの発泡酒でリラックスタイムを過ごしてみてください。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です