【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ージョッキ生

続きましてはロングセラーのジョッキ生です。

今の発泡酒がインパクトが強いためこちらの個性はこれと言ってないというところですが商品の売りのジョッキの爽快感のようなものはあるかと思います。

基本的に泡立ちがすごい綺麗でお酒の色も鮮やかな黄色で泡立ちも良く視覚的に楽しむものかもしれません。

飲み心地としてはライトボディのホントに軽い口当たりです。

やや麦芽やホップの香りが薄く水っぽくアルコールの角も立っているのでどっちかというとストロングを飲んでいるような気分になります。

ただこちらは醤油系などの辛いおつまみなどには非常に合う気がします。

食欲を掻き立ててくれる発泡酒です。

その意味でジョッキ生といった居酒屋的なネーミングもぴったりかもしれません。

ほんとにビール系発泡酒としては個性はすごく控えめでとにかく見た目の綺麗さと飲み心地のさっぱり感や生ジョッキのおつまみと一緒に食べるような想定を売りにしていると思います。

おつまみがないと逆に少し虚しく感じるビール系発泡酒かもしれません。

みんなでワイワイとバーベキューとかで飲むには癖も少なくみんな普通に美味しいと言って飲むでしょうからこちらはお勧めになってきます。

やや酸味などは生ジョッキの雰囲気をうまく再現しているかもしれません。

どちらかというと今のプレミアムやスーパードライ全盛の時代には麦芽やホップの香りが少なく甘みもあまり感じないという事で少し合わなくなってきているかもしれませんが醤油系の美味しいおつまみと一緒に食べると格別のものがあるかもしれません。

また先にも述べたように個性が少ないのでみんなで無難にチョイスする分には良いかもしれません。

居酒屋の雰囲気が好きな方にはお勧めの発泡酒です。

 

                                  続く

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です