【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ーアサヒドラフト

こちらは大分定番商品ですがやはり他と飲み比べると辛さがまず印象に残ります。

この辛さはアサヒスーパードライなどでもお馴染みでスーパードライ好きの方がまず発泡酒を選ぶとしたら先に挙げたアサヒザリッチかこのドラフトになるかとは思います。

とにかくザリッチのところでも書きましたがこの辛さと同時に甘さをすごい待ち受けるように口の中がなりそしてそこに料理が投下されるとこの上なく美味しく料理が頂ける様な完全な食前酒のような役割をアサヒは絞って仕上げてきます。

辛さの中に隠れている甘さは結構なものがあると思います。

この甘さがこの上なく料理をおいしく頂けるようにしてくれます。

単独で飲むと辛さばかりが目立ちますのでこのアサヒのビールなり発泡酒などを飲むときには必ずおつまみや料理と召し上がってください。

料理がこの上なく美味しく頂けるようになります。

麦芽やホップの香りも料理をいかに香ばしく頂けるかにかけているようで普段は控えめながら料理などと一緒に食べたとたん口の中いっぱいに香りが広がります。

その分、太りすぎに注意な発泡酒ですがこのドラフトは安定の辛さで美味しさを提供してくれます。

また夏の暑い時期には単独に飲むにしてもこの辛さは非常に魅力的な要素になっているようです。

かなり気分の高揚感と共に暑さを吹っ飛ばしくてくれるようなところがあります。

やや玄人目なパッケージであまり宣伝等もやっていないかと思いますが今のアサヒザリッチとの飲み比べで相当に引き締まったモルトの香りで夏場の暑い時にはこちらの方に軍配が上がるかもしれません。

是非皆様もこれに再注目されてみて下さい。

                                  続く

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です