【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー麦とホップ

続いてはヱビスビールも出しているサッポロの麦とホップです。

3.麦とホップ(金缶)

麦とホップ(金缶)

こちらは缶は玄人向けな感じですが飲んでみるとまさにすごいとしか言いようがないです。

麦100%で本当にピュアモルトのヱビスビールなどにも匹敵する味を備えています。

ちょっとピュアモルトの香りのえぐさというか濃厚さが苦手な方にはあまりお勧めできませんがヱビスビールの代わりないかな?などという方には絶好の商品です。

またアルコール度数では今まで紹介したものより少し低いはずですが頭がクラクラするほどお酒を飲んでいる感があります。

余韻もしっかりとモルトの味わいが残り口が豊潤な香りで満たされます。

鼻や胃などへの広がり方は弱いですが口ではいつまでもモルトの香りが残留します。

ここら辺はヱビスビールに似た感じがあるかもしれません。

色合いは普通の琥珀色でしっかりと泡が立ち上っています。

また口の中に入れた時の何とも言えない甘さや香りなどがすごく濃厚で口に残留する香りと共にどんどんと高揚感が増していきます。

こちらは単独で飲んでもすごく美味しいですしまた徐々に食事やおつまみも食べたくなってきます。

また鼻や胃への広がり方が弱いと書きましたが始めだけで飲み進めるうちに胃からも良い香りが上がってきます。

サンドイッチなどと飲んでみましたがちょっと濃い口過ぎるのでそれぐらいの淡泊な食事は食べ物の方が負けてしまい物足りないかもしれません。

どちらかというとこれは単独で飲むものであんまり酔いすぎないために食事を取るといった感じになるかもしれません。

ただ食べ物をとると甘みが強烈に口の中に広がっていきます。

とにかくインパクトの強すぎる発泡酒です。

これで本当に発泡酒なのか?というぐらいもうビールです。

雑味などもほぼ感じません。

すごいの一言ですがあえて言うなら主張が激しすぎるといった事ぐらいでしょうか。

ここら辺で好き嫌いが大きく分かれるのかもしれませんがどちらかというと本場のドイツのビールのようです。

主張が激しいのであまり次々に飲むという事も無さそうで一缶で充分満足できそうな味わいです。

本場のドイツ人が飲んでも結構美味いというのではないでしょうか?

とにかくしつこいぐらいモルトの香りでここら辺はギネスの黒ビールを飲んでいるみたいな感じです。

ただ飲み進めるうちにやや味に乱れも出て少し粗も浮かび上がってくるようです。

モルトの香りが強すぎる分苦みが強すぎるといった感じでしょうか。

こちらはドイツのビールが好きな方は是非飲んで頂きたい一本です。

多分ソーセージ入りとかのホットドッグとか食べながらだとすごい美味しいのではないかと思います。

ハンバーガーなんかも合いそうで日本食には少しどうかな?と思います。

ケチャップやマスタードにパンというのはすごく合いそうですが醤油やご飯にとなるとどうかな?といった感じです。

とにかくこの安い発泡酒で本場のドイツビールを飲んでいるような気にさせてくれるこの一本は是非試して頂きたいです。

もう100円ちょっとでこの味は本当にすごいの一言しかありません。

是非ハンバーガーとかドイツやヨーロッパ系の食事なんか食べる際にはこの一本をお選び下さいませ。

こちらは気軽に大量には飲めない感じですがすごいお勧めの一本です

                                    

                                  続く

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です